タイピングクエスト タイピングクエスト

タイピング タイピング

「タイピングクエスト」遊び方や攻略法、実際に体験した感想や口コミをご紹介

「タイピングクエスト」遊び方や攻略法、実際に体験した感想や口コミをご紹介

 

「タイピングクエスト」ってどんなタイピングゲームなんだろう?」

「面白そうで購入してみたいけど、具体的にどんなゲームか知りたい・・・」

 

そんな風に思う人は多いのではないでしょうか?

 

「タイピングクエスト」は、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)で初めてのタイピングゲームとして2021年4月に登場しました。

 

お子さまがゲーム感覚で楽しくタッチタイピングを習得できるようになるために、「楽しく学んで、楽しく遊べる」がテーマのタイピングゲームです。

 

「タイピングクエスト」では全部で以下の3つのモードで遊べます。

  • 一人で練習・ステージクリアを目指す「シングルモード」
  • 友達と対戦可能な「バトルモード」
  • 毎日違うタイピングワードが出題される「デイリーモード」

パソコン初心者の状態からタッチタイピングが習得できるまで、「タイピングクエスト」で練習をすることで、ステージクリアに伴い難易度が上昇し、進むほどにタイピングスキルが磨かれます。

 

そして、ステージ制を採用することで、 タイピングをほとんどやったことのない初心者の子供でもゲームを楽しむことができ、クリアの達成感を味わえるのもゲームの特徴の1つです。

 

「タッチタイピング」は1日でマスターすることは難しく、毎日練習することが大切です。「毎日練習を続けさせるのは大変」また「パソコンがなくて練習できない」とお悩みのママさん・パパさんも多いはずです。

 

お子さまが遊びの中で自然にタイピングスキルが身について、かつ身近にあるゲームでタイピング練習ができれば一番うれしいですよね。

 

ここでは、「タイピングクエスト」について具体的な製品紹介をはじめ、ゲームの遊び方、上達するためのコツや攻略法などをご紹介します!

 

この記事を最後まで読んでいただけたら、「タイピングクエスト」の魅力を知って、ゲームに夢中になること間違いなしでしょう!

 

それでは早速見ていきましょう。

 

 

▶【関連情報】「タイピングクエスト」の公式サイトはこちら

 

 

▶【関連動画】「タイピングクエスト」の紹介動画

 

 

目次

 

1.「タイピングクエスト」ってどんなゲーム?

 

 1−1.ゲーム概要文

 1−2.こんな人におすすめ!

 

2.「タイピングクエスト」の製品紹介

 

 2−1.ストーリー説明

 2−2.選べる!3つのモード

 2−3.タイピングスキルに合わせた4つの難易度設定

 2−4.選べる必殺スキル

 2−5.表示される文字について

 2−6.どんな事が学べる?

 2−7.「タイピングクエスト」で準備するもの

 2−8.販売・料金について

 

3.「タイピングクエスト」の遊び方・プレイ方法

 

 3−1.「シングルモード」の遊び方・プレイ方法

 3−2.「バトルモード」の遊び方・プレイ方法

 3−3.「デイリーモード」の遊び方・プレイ方法

 

4.「タイピングクエスト」を上達するコツ&攻略法!

 

 4−1.上達するコツ

 4−2.攻略法

 4−3.おすすめ動画紹介

 

5.「タイピングクエスト」最新アップデート情報

 

 5ー1.ランキング機能の搭載

 5ー2.過去のイベント情報

 

 

6.「タイピングクエスト」ランキング上位者

 

7.まとめ

 

8.【関連情報】その他の人気のタイピングゲーム

 

 8−1.ココアの桃太郎たいぴんぐ

 8−2.My typing こどもタイピング

 8−3.Popタイピング

 8−4.めざせ!タイピングマスター

 8−5.寿司打

 

9.【関連情報】タイピングに関するお役立ち記事一覧

 

 

1.「タイピングクエスト」ってどんなゲーム?

タイピングクエスト

 

「タイピングクエスト」は、ソフトウェアやWebアプリケーションを開発している株式会社セナネットワークスが開発した、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)初のタイピングゲームです。

 

「子供が安心して遊べ、そして楽しくタイピングを学べるゲームを。」をコンセプトに開発された、タイピングスキル向上によるタッチタイピングの習得を目指す子供向けゲームです。

 

単純に画面に出てきた文字を時間内に入力することを繰り返すだけのゲームではなく、画面上に表示されている文字を入力することで、敵を倒すシンプルなゲームにも関わらず、ステージを進むにつれて難易度が上がる「ステージ制」を採用し、ステージを進むほどにタイピングスキルを磨くことができます。

 

クリアの達成感や飽きさせないゲーム仕様でタイピングをほとんどやったことのない初心者の子供でもゲームを楽しみながらタイピングに集中できるのも「タイピングクエスト」の特徴の1つです。

 

 

1−1.こんな人におすすめ!

「お子さまに楽しくタイピングを学べるゲーム」や「パソコン以外で練習できるタイピングゲーム」をお探しのお父さんやお母さんの他に、「どうしてもタイピング練習が続かない」とお悩みの方におすすめのゲームです。

 

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
パソコンやタブレットを家族で兼用している家庭だと、不適切なサイトに接続しないか、お子さんから目が離せないとお悩みを持つ方もいます。

 

タイピングクエストは、家庭用ゲーム機で人気のNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)専用ソフトのため、お子さんが「楽しく」「安全に」タイピングの練習ができます。

 

よくあるタイピング練習ゲームは、ブラウザ版(パソコン)が多い中、タイピングクエストがNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けに開発された理由にはこういった背景があるようです。

 

このようにタイピングクエストは楽しくタイピング練習を続けることができる他に、お子さんにパソコンを貸すことが心配という方やパソコンは持っていないけどNintendo Switch(ニンテンドースイッチ)を持っている方にもおすすめのゲームです。

 

 

2.「タイピングクエスト」の製品紹介

 

それでは、次に「タイピングクエスト」の具体的な製品紹介をしていきます。 

 

ゲームのストーリーをはじめ、実際にゲームで遊べる3つのモードとそれぞれの内容や、ゲームをはじめるために必要な準備についてなどを詳しく解説します。

 

以下で順番に見ていきましょう。

 

 

2−1.ストーリー説明

 

「タイピングクエスト」は、ある1つのストーリーになっています。

 

そのストーリーとは、プレイヤーはフシギな生き物クロによって絵画化されてしまった世界をタイピングで元に戻すためシロと旅に出るお話です。

 

「タイピングクエスト」の公式サイトにもストーリーについて紹介されていますので、あわせてご参照ください。

 

フシギな世界のフシギな生き物、シロとクロ。

シロとクロは、いろいろな世界の様子をのぞき見ることが何よりも好きでした。

ある日クロは、ちょっとしたいたずら心で、

生き物を「絵画化」する魔法を使ってしまいます。

クロの魔法により、色んな生き物が「絵画化」されてしまい、さぁ大変。

すぐに元に戻すつもりが、思ったよりも深刻化してしまった世界を見て、

おくびょう者のクロはどこかへにげてしまいました。

そしてシロは、クロのかわりにその世界へ向かいます。

 

シロの魔法により、世界を元に戻そうとしますが、

一人ではどうすることも出来ませんでした。

そこへあなたが通りかかり、シロは協力を求めます。

あなたとシロは、この世界を救えるでしょうか…。

 

引用元:「タイピングクエスト」公式サイトより

2−2.選べる!3つのモード

「タイピングクエスト」ではストーリーを中心にした「シングルモード」、オンラインやローカルで他のプレイヤーとバトルができる「バトルモード」や日替わりで新しい問題をプレイできる「デイリーモード」の合計3つのモードで遊べます。

 

 

(1)シングルモード

 

シングルモードマップ

 

「タイピングクエスト」のストーリーを中心にしたモードです。

 

シングルモードは、全46ステージ用意しており、たっぷりのボリュームで、やりこみ要素も満載です。ボス戦では攻撃されたり、コンボが続くことでスキルが発生したりと、ゲーム性の要素も取り入れたモードです。

 

 

(2)バトルモード

バトルモード画面

 

バトルモードでは、家族や友人と対戦する「ローカル対戦」と本ソフトをプレイしている人と対戦する「ネットワーク対戦」のどちらも楽しめます。

 

日頃からシングルプレイで身につけたタイピングスキルの力試しに成果を競い合い、より楽しく遊びながら練習ができます。 

 

 

(3)デイリーモード

 

デイリーモード

 

デイリーモードは、シングルモードでプレイしたがランダムで登場します。毎日違ったワードが表示されるため、ひと味違った感覚でプレイが楽しめます。

 

シングルモード以外の新しいワードに挑戦したい人やもっとたくさんタイピングができるようになりたい人におすすめのモードです。

 

 

2−3.タイピングスキルに合わせた4つの難易度設定

4つの難易度設定

 

シングルモードの各ステージやデイリーモードでは、4つの難易度設定ができます。

 

難易度が選べるので自分のタイピングスキルに合わせて練習ができます。

 

 

 

(1)イージー

 

平均で約6文字のワードを持つ敵が出現する難易度の低いモードです。

 

(2)ノーマル

 

平均で約12文字のワードが多く単語の長さや敵の動きの速さはイージーよりも少し難易度が上がります。

 

 

(3)ハード

 

平均で約16文字以上の単語を持つ敵が出現します。

 

文字量だけでなく敵の数が増え、また敵を隠す障害物も現れます。イージーやノーマルと比べて難易度がさらに上がります。

 

 

(4)マスター

 

「タイピングクエスト」の中で一番難易度が高く、上級者向けの難易度です。

 

平均で約16文字の単語や短文が登場し、敵の数が多いだけでなく、1度でも失敗するとゲームオーバーになるので速さ・判断力の他に正確にタイピングするスキルが求められます。

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
「タイピングクエスト」は、すべてのステージやデイリーモードで個人のスキルに合わせて難易度設定ができます。

 

難易度を上げたステージをクリアできるようになることで、より速く正確にタイピングできるスキルが身につきます。

 

これまで設定していた難易度ではクリアができないステージも出てきます。苦手なステージに挑戦する際は難易度を下げてプレイできることもポイントです。

 

 

2−4.選べる必殺スキル

 

選べる必殺スキル

 

「タイピングクエスト」は、プレイ中に使える「必殺スキル」が3種類あります。もしタイピングが間に合わない時やピンチの時に役立つスキルです。

 

以下で、1つずつ紹介していきます。

 

 

(1)「Q」敵の速度を一時的に遅くするスキル(3回まで)

一時的に敵の進むスピードを遅くさせます。他にも敵がたくさん出現する場合やタイピングが間に合わない時などに役立ちます。

 

 

(2)「W」一時的に敵を混乱させて動きを止めるスキル(3回まで)

敵を一時的に混乱させることで動きを止めることができます。こちらも速い敵や大量に出現する時や文字数が多くて間に合わない場合などに役立ちます。

 

 

(3)「E」出現している敵すべてを倒すスキル(1回のみ)

出現しているすべての敵を倒せるスキルです。

 

少し休憩したい時や大量に敵が出てきてタイピングが間に合わない場合などに役立ちます。他のスキルでは3回まで使うことができますが、このスキルは1回きりのため使うタイミングが大切です。

 

必殺スキルの設定は各ステージをプレイする前に選択できます。また、スキルによっては使える回数が違うためステージに合わせて変えるといいでしょう。難易度が上がるとたくさん敵も現れるので必殺スキルを使いこなしてステージクリアを目指しましょう!

 

 

2−5.表示される文字について

 

「タイピングクエスト」の画面に表示される文字は、すべて「訓令式(くんれいしき)ローマ字」という文字表示を採用しています。

 

表示は「訓令式ローマ字」を採用していますが、「タイピングクエスト」では、「ヘボン式ローマ字」でも打てることを知っていましたか?

 

 

(1)「訓令式」と「ヘボン式」とは?

 

そもそも、「訓令式」とは、国際標準化機構(ISO)が定めた文字表示で世界に通用する標準のローマ字表記のことを言います。

▶参考例:「shi(シ)」→「si」、「chi(チ)」→「ti」、「tsu(ツ)」→「tu」

 

また、「ヘボン式」とはパスポートや駅の看板など日本になじみのあるローマ字表記のことを言います。

▶参考例:「si(シ)」→「shi」、「ti(チ)」→「chi」、「tu(ツ)」→「tsu」

 

「ヘボン式ローマ字」については、以下の外務省「ヘボン式ローマ字綴方表」に一覧があるのでぜひ参考にしてください。

▶参考情報:外務省「ヘボン式ローマ字綴方表」

 

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
国際標準化機構のISO 3602で日本語(仮名書き)のローマ字表記は「訓令式」と定められています。

 

多くの小学校では「訓令式」が採用されていますが、パスポートなどの身近にあるローマ字の多くは「ヘボン式」が使われています。そのため「ヘボン式」に見慣れている大人の人からすると少し混乱するかもしれません。

 

「タイピングクエスト」では、国際標準化機構に合わせて表示は「訓令式」を採用していますが「ヘボン式」でも判定される仕様になっています。

 

 

2−6.どんな事が学べる?

 

次に、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)初のタイピングゲーム「タイピングクエスト」を通してどんな事が学べるのか?

 

こちらについて、大きく分けて2つ解説していきます。

 

 

(1)ホームポジションを学べる・練習ができる

 

ホームポジションとは、タイピングする際に戻ってくる基準の場所であり、タッチタイピングの基礎になります。

 

「タイピングクエスト」では、ホームポジションの練習ができるだけでなく、プレイ中にホームポジションの位置やローマ字表記がわからなくなった場合にいつでも振り返ることができます。

 

ゲームの中でしっかりタッチタイピングの基礎から学ぶべるタイピングゲームです。

 

 

▶参考:「タイピングクエスト」ゲーム内でホームポジションについて振り返る画面

 

「タイピングクエスト」ゲーム内でホームポジションについて振り返る画面

 

 

上の画像のようにゲーム内でホームポジションについて振り返る場合は、中断画面で「Tabキー」を押すとホームポジションに置く指の配置図が表示されます。

 

ホームポジションに関しての覚え方や練習方法などは、以下の記事でも詳しく解説していますので、あわせてご参照ください。

▶関連記事:ホームポジションとは?覚え方と練習方法、タイピングでズレる際の矯正法まで解説

 

 

(2)楽しみながら自然にタッチタイピングができるようになる

 

タイピング練習で一番大切なことは、「毎日練習を続ける」ことです。ただ、毎日出される宿題や課題のように、「しなければいけない」と感じると長続きはしません。

 

毎日続けさせるためにも「楽しく」、「飽きさせない」タイピングゲームで練習する方がより効率よく習得できます。

 

「タイピングクエスト」は、ステージが上がるにつれて難易度も上がる「ステージ制」を採用し、他にも日替わりで新しいワードに挑戦できる「デイリーモード」、友達や他のプレイヤーと対戦できる「バトルモード」など「ゲームに飽きさせない」要素がつまったいるため、お子さまが楽しみながら自然とタッチタイピング練習ができるゲームです。

 

 

2−7.「タイピングクエスト」で準備するもの

 

「タイピングクエスト」をプレイするには、「Nintendo Switch(またはSwitch light)」とソフトの他に「USBキーボード」が必要です。

 

以下で、詳しくご紹介していきますのでご覧ください。

 

 

(1)必要なもの(Nintendo Switch・ドック・USBキーボード)

必要なもの(Nintendo Switch・ドック・USBキーボード)
  • 「タイピングクエスト」ソフト(またはダウンロード版の用意)
  • Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)
  • ドック(または専用ハブスタンド)
  • USBキーボード
  • (もし大きい画面で見たい場合は)モニターまたはテレビとHDMIケーブル

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
「タイピングクエスト」では、専用ハブスタンドを使った「テーブルモード」でプレイできます。

 

他にも家にあるテレビやモニターにつないでプレイする「テレビモード」も可能ですので、専用スタンドがなくてもUSBキーボードがあればプレイできます。よりパソコンと近い環境でプレイできるのでテレビやモニターでつなぐ方法もおすすめです。
テレビモード

テレビモード

テレビモード

テーブルモード

 

 

(2)キーボードの接続方法

 

先ほど必要なもで記載したキーボードの接続方法をご紹介します。

 

キーボードの接続方法

 

 

上の画像の通り、キーボードケーブルのUSBプラグを、「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」ドックのUSB端子に接続します。

 

公式サイトには、以下のような注意書きがあります。

 

  • Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)本体を起動させる前に接続しましょう。
  • USB端子の方向をよく確認してから差し込みましょう。
  • 必ずNum Lockを解除してから利用すること。一部のキーが入力できなくなります。
  • プレイ中は、USBプラグを抜いたりしないでください。Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)本体やコントローラーの故障、保存されているデータの消失の原因となります。
  • Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)本体の電源がOFFのときにUSBプラグの抜き差しをする。

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
接続不良の原因としてドックにUSBプラグをうまく接続できていない場合があります。

 

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)のドック(または専用ハブスタンド)へ接続されていることをまずは確認しましょう。

 

もし、接続できない場合はセンターへ問い合わせてみるといいでしょう。

 

 

(3)対応キーボードと使えないキーボード

 

対応キーボードと使えないキーボード

 

 

「タイピングクエスト」では、任天堂のライセンス商品マークがついたHORI社製のコンパクトキーボードでのプレイを推奨しています。

 

推奨キーボードについては、以下をご参照ください。

 

▶参考情報:HORI社製「コンパクトキーボード for Nintendo Switch」はこちら

 

 ※専用キーボード以外に市販のUSBキーボードでも使えるようですが、ゲーム内のキーボード判定は、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)側の機能を利用しているため専用のキーボードで接続することをおすすめします。

 

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
ただし、すぐにでも手持ちのUSBキーボードでプレイしたい人は無料体験版を一度試してみる方法もいいと思います!

 

もし市販のキーボードで接続して反応がない場合は一度サポートセンターにお手持ちのキーボードが使えるかどうか確認してもらうといいでしょう。

 

2−8.「タイピングクエスト」の販売・料金について

 

「タイピングクエスト」では、ソフトとダウンロード版の他に、プレイに必要なアイテムがすべてそろったスターターセットを販売しています。

 

他にも購入を考えている人には、お試しで無料の体験版の利用もできます。 ソフトは家電量販店やオンラインショッピングなどで購入が可能です。

 

詳細は、「 タイピングクエスト」公式サイト」よりご確認ください。

 

(1)ダウンロード版

以下の「ダウンロード版(My Nintendo Store)の購入はこちら」からダウンロード版を購入できます。

 

My Nintendo Store

料金:4,378円(税込)

 

 

※購入にはアカウントの登録が必要です。

 

 

ダウンロード版(My Nintendo Store)の購入はこちら

 

(2)スターターキット

 

スターターキット

 

※「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」本体は含まれません。

 

 ソフトと専用コンパクトキーボード、USBハブスタンドがセットになったパッケージも販売中です。

 

「タイピングクエスト」で必要なものがすべてそろった特別仕様となっています。すぐにプレイしたいと考えている人にはおすすめのパッケージです。

 

 

料金:10,934円(税込)

 

 

 

(3)体験版(無料)

 

タイピングクエスト体験版

 

「タイピングクエスト」では、一部のエリアを無料でプレイできる「体験版」があります。

 

 体験版は、「 体験版(My Nintendo Store)はこちら」でダウンロードができます。

 

 

 

体験版(My Nintendo Store)はこちら

 

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)本体とキーボードとニンテンドーアカウントさえあればすぐにプレイができるため、どんなゲームか気になる人は購入前に一度体験版をプレイしてみるのもおすすめです!

 

 

3.「タイピングクエスト」の遊び方・プレイ方法

それでは、「タイピングクエスト」の遊び方やプレイ方法を各モード別に解説していきます。

 

 

3−1.「シングルモード」の遊び方・プレイ方法

(1)スタート設定(ゲーム準備〜キャラクター設定)

 

スタート設定キャラクター設定

 

最初のモード選択で「シングルモード」を選択すると最初に必ずキャラクターを設定します。

 

ここでは髪の毛や目、洋服など自分の好きな色に設定したオリジナルキャラクターを作ることができます。

 

 

(2)敵を倒してステージクリアしよう!

キャラクターの設定やストーリ説明が終わると、シロ※がタイピングのプレイ方法について説明するので実際にタイピングをしながら進めていきます。

 

 

※シロはフシギな世界に住むフシギな生き物。タイピングクエストに登場するキャラクターです。

 

シロ

 

エリアを散策していると右側から絵画になってしまった生き物(敵)が出現します。

 

 

▶参考:右側から絵画になってしまった敵が出現するシーン

 

敵には、それぞれタイピングワードがあり、ワードは上から「ひらがな」「漢字」「アルファベット」の順に表示されます。アルファベットをすべてタイピングすることで敵を倒すことができます。

 

最初は、タッチタイピングの基礎であるホームポジションキーからスタートし、ステージを進めていくと少しずつ文字数や敵の数も増え難易度も上がっていきます。

 

 

1.ランクについて

 

各ステージをクリアすると3つ星でランク表示されます。

 

タイピングが正確にできていると3つ星になります。3つ星をたくさん集めると何かいいことが起きます。

 

▶参考:3つ星でランクが表示されたシーン

 

3つ星でランクが表示されたシーン

 

 

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞

 

「タイピングクエスト」は、横スクロール型アクションゲームの要素をふんだんに取り入れ、ゲームとしてもしっかり楽しめる内容です。

 

また、キー入力に慣れてもらうために初級ステージでは敵の数を減らし、中〜上級ステージに進むと語句の難易度が上がり、敵の数も増えるため無双系ゲームのような爽快感あるゲームです。実際にプレイしてタイピングゲームでよくある「ゲームに飽きてしまう」といったことがなく大人でも楽しめるゲームです。

 

 

▶参考:ゲーム内で登場する敵(一部)

ゲーム内で登場する敵(一部)
 

 

(3)最後にはボス戦も!

 

最後にはボス戦も!

 

旅を進めていく中で、巨大な敵が発生する場面も出てきます。ただタイピングをするだけなく、スリルある攻防を繰り広げることが可能です。

 

中には、なぞなぞを出してくるボスもいるなど、飽きさせない仕組みが満載。さまざまな攻撃方法があるのでぜひ「タイピングクエスト」で体験してみてください。

 

 

3−2.「バトルモード」の遊び方・プレイ方法

 

「バトルモード」では、ローカル対戦・ネットワーク対戦で力試しをしてみましょう!

 

 

「タイピングクエスト」では、他のプレイヤーと1対1で対戦ができる「バトルモード」があります。対戦方法は、「ローカル対戦」や友達同士で勝負ができる「ネットワーク対戦」の2種類があり、どちらかを選択してお互いにマッチングすると勝負がスタートします。

 

▶参考:「バトルモード」のシーン

バトルモード

 

上の画像のように画面上に表示される語句を、先に正しく入力した方にポイントが入るシンプルなルールです。

 

バトルモード2

 

一定のポイントを先取した人が勝利。

 

シングルモード同様に、正確で素早い入力によって、相手と戦う形で自分の実力を友達と競いあい、よりタイピングスキルの向上を目指すことができます。 

 

 

3−3.「デイリーモード」の遊び方・プレイ方法

 

「デイリーモード」では、毎日変わる新しいワードで練習してみましょう。

 

▶参考:「デイリーモード」のシーン

 

デイリーモード

 

「デイリーモード」は、日替わりで新しいワードが追加されるエリアです。

 

ストーリーモードと同じく、「イージー」「ノーマル」「ハード」「マスター」の4つの難易度設定でスキルに合わせて練習ができます。

 

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
ストーリー説明のあるシングルモードと違って、デイリーモードはすぐに練習ができます。夕ご飯前の空き時間やちょっとした時間にプレイするにはぴったりのモードですね。

 

 

4.「タイピングクエスト」を上達するコツ&攻略法!

「タイピングクエスト」で、「高得点を取りたい!」「スタージをクリアしたい!」など、上達へのコツと攻略方法を、ゲームの開発会社「株式会社セナネットワークス」に所属する筆者がご紹介します。

 

 

4−1.上達するコツ

 

(1)日本語やひらがなが見えたタイミングで打つ!

 

日本語やひらがなが見えたタイミングで打つ

 

どうしても、最初に見えるアルファベットを打ってしまいがちですが、その少し後から出てくる日本語やひらがなが見えたタイミングで打つことをおすすめします。

 

理由は、日本語の意味を理解して打つ方が早く次のキーを押せるだけでなく、より実践的にタイピング練習ができるからです。

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
実際にプレイしてみると、最初に見えたアルファベットを1文字ずつ見ながら打つ方法より、ひらがなや日本語を見てから打つ方が早く敵を倒すことができました!

 

日ごろは、日本語を見てタイピングすることが多いので、意識して練習ができるとより実用的なタイピングスキルを身につけることができます。

 

(2)文字の速読スキルを上げよう

 

先ほどと似ていますが、日本語の文字を早く読み取ることも上達する上で大切になります。

 

素早く言葉の意味を読み取れる人ほど、より速く次のキーを打つことができるので自然にスコアも高くなります。

 

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
「タイピングクエスト」では、現代国語辞典にある単語などを使用しています。タイピングだけでなく日本語をたくさん学べるので画期的なゲームです。

 

 

(3)ホームポジションがわからない時は「Tabキー」で場所の確認を!

 

「タイピングクエスト」では、プレイ中はいつでも「ホームポジション」「指の位置」「かな・ローマ字表記」などの一覧表を見ることができるので、ホームポジションを習得するまではこの機能を活用してみてください。

 

タッチタイピングで大切な「ホームポジション」がわからなくなってしまった時に、自己流でそのまま進めてしまうことはおすすめしません!

 

ゲームの中で、自己流の打ち方で進めてしまうことに慣れると、普段のタイピングでも自己流のスタイルになってしまい、後からホームポジションを覚え直すことになったり、矯正するのが大変だからです。

 

 

▶参考:ゲーム中にホームポジションを「Tabキー」でするシーン

ゲーム中にホームポジションを「Tabキー」でするシーン1

 

ゲーム中にホームポジションを「Tabキー」でするシーン2

 

ホームポジションの確認手順
  1.  プレイ中に中断ボタン「Esc」キーを押す 
  2. ポーズ画面が出てくるので「Tab」キーを押す 
  3. どのキーにどの指を置くのか表示される

タイピングクエストでは、ホームポジションをしっかりと忘れないよう、プレイ中はいつでもホームポジションの確認ができる仕様になっています。

 

ホームポジションをしっかりと身につけてタッチタイピングの上達を目指しましょう。

 

 

4−2.攻略法

次に、「タイピングクエスト」をプレイするときのゲームの攻略法をご紹介します。

 

 

(1)「Enterキー」で必殺スキルを発動!

 

「タイピングクエスト」では、ゲーム中「Enterキー」を押すと必殺スキルを発動できます。

 

タイピングが間に合わない場合や一度に見えているすべての敵を倒したい時などに役立つスキルです。

 

 

▶参考:必殺スキルが発動できる「Enterキー」マーク

必殺スキルが発動できる「Enterキー」マーク

 

上の画像のように、「Enter」マークが目印です。

 

必殺スキルには、「Q /W/E」の3種類あり、詳しくは以下の通りです。

 

  • 「Q」:敵の速度を一時的に遅くする(3回まで)
  • 「W」:一時的に敵を混乱させて動きを止める(3回まで)
  • 「E」:出現しているすべての敵を倒す(1回まで)

スキルによって使える回数が異なります。(1回または3回まで)切り札として最後まで残すことも良いですし、さらに上達すると、あえて必殺スキルを使わず自力でクリアするなど使い方はさまざまです。

 

 

 

(2)敵が大量発生!?「Spaceキー」を使った裏技を紹介!

 

難易度の高いステージや攻略が難しいエリアに進むと、敵が大量に発生することや、途中で隠れてしまう敵なども出てきます。その場合どの敵から倒したらいいのか焦ってしまうことがあります。

 

そんな時に便利な裏技が「Spaceキー」です。

 

「Spaceキー」は一番前に出ている敵に狙いを切り替えることができます。選択されている敵より手前に敵が突然現れた時は、Spaceキーを押してターゲットを一番前の敵に切り替えて倒すことができます。

 

▶裏技「Spaceキー」の利用シーン

裏技「Spaceキー」の利用シーン

 

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
「Spaceキー」は通常、文字入力中に「空白(スペース)」を入れたり、日本語入力時の「かな漢字変換」などでよく使うキーになります。

 

「タイピングクエスト」では、自然に「Spaceキー」を身につけられるように敵の切り替えキーとして採用しています。

 

 

(3)手強いボス戦!攻略方法は「正しく・たくさんタイピング」すること

 

エリアには様々なボスが現れます。コツとしてはシンプルに「正しく・たくさんタイピング」をすることがポイントです。

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
手強いボス戦をクリアするには、先ほど攻略法で紹介してきた「必殺スキル」や「裏技」も活用できるようになるとより攻撃の幅が広がるのでぜひ活用してみましょう!

 

そうすることで自然に「Enterキー」や「Spaceキー」を押す癖づけができるようになります。

 

 

4−3.おすすめ動画紹介

 

「タイピングクエスト」をこれから始める方へおすすめの動画をご紹介します。

 

 

 

(1)シングルモードの解説動画

 

1.タイピングクエストってどんなゲーム?【SWITCHおすすめゲーム】タイピング練習ソフト

 

動画では、主に体験版でシングルモード(ストーリーを進めるモード)のスタートからキャラクター設定と実際にステージについて解説しています。

 

 

 

 

 2.【タイピング練習ソフト】Switch タイピングクエストってどんな感じ?【TYPING QUEST】

 

実際にシングルモードで特殊なボスと戦う際のコツについて解説しています。

 

 

どちらの動画もプレイ画面と手元の動画がセットになっているため「タイピングクエスト」を初めてプレイする人におすすめの解説動画です。

 

5.「タイピングクエスト」最新アップデートイベント情報

 

「タイピングクエスト」のアップデート情報をまとめて記載しています。

 

最新情報は、以下よりご確認ください。

 

 

5−1.ランキング機能の搭載

 

2022年7月「タイピングクエスト」で、デイリーモードのスコアが高い上位5名を毎日公式サイトで発表するランキング機能が利用できるようになりました。

 

日別・月別・年別と毎日ランキングが更新されます。その日のランキング1位だけでなく年間1位を目指してみましょう。

 

 

 

5−2.過去のイベント情報

 

「タイピングクエスト」では、さまざまな期間限定イベントを実施しています。

 

 

(1)【2週間限定】タイピング女王「miri」さんがプレイした「最難関ステージ」を公開

 

【2週間限定】タイピング女王「miri」さんがプレイした「最難関ステージ」を公開

 

「最難関ステージ」は、電撃オンライン様公式YouTubeで公開されたゲームでは非公開のステージを2週間限定で公開。

動画内ではタイピングの女王「miri」さんがプレイしたステージになります。

 

通常デイリーモードより、文字や敵の数がタイピングクエスト史上、過去最多!よりタイピングスキルアップを目指せます。

 

【期間】2022年8月9日(火)12:00〜2022年8月22日(月)11:59まで

 

6.「タイピングクエスト」ランキング上位者

5.最新アップデートイベント情報」で紹介した通り、デイリーモードのスコアが高い上位5名を毎日公式サイトで発表しているランキング上位をご紹介します!

 

「タイピングクエスト」ランキング上位者

 

最新のランキング一覧は、以下のタイピングクエスト公式サイト「ランキング」ページをご覧ください。「日別」「月別」「年間」のランキングをご覧いただけます。

 

▶参考情報:タイピングクエスト「ランキング」ページはこちら

 

 

この記事を書いた著者「沢本 舞(さわもと まい)」のワンポイント解説!
沢本舞
ランキング機能など、自分の頑張りが評価されるとモチベーションも上がりますよね!右側にはシェアボタンがあるのでぜひ毎日の上達度をTwitterでシェアして楽しむこともできます!

 

 

 

7.まとめ

「タイピングクエスト」は、小さなお子さまが安心して楽しくタイピングスキルが身につくゲームです。

 

遊びの中で自然にタイピングスキルが身につくだけでなく、日本語の勉強や速読練習もできる一石三鳥なゲームです。他にも日常でよく使う「Enterキー」や「Tabキー」などがゲーム内の操作キーとして使われていたり、「訓令式」「ヘボン式」の文字表示にも対応するなどより実用的なタイピング練習ができます。

 

また、パソコンだと不適切なサイトに接続しないかお子さまから目が離せないとお悩みの方や、パソコンを持っていない方にとっては、お手持ちの「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)とUSBキーボードでプレイできる点も大きなポイントです。

 

USBキーボードについて、「タイピングクエスト」では、「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)専用のキーボードを推奨しています。もしお手持ちのキーボードを使用したい場合は一度体験版を試してみるか、それでもつながらない場合は一度カスタマーセンターに問い合わせてみましょう。

 

「タイピングクエスト」では、日替わりでワードが変わる「デイリーモード」や友達と競い合う「バトルモード」などゲーム性が高くタイピングゲームによくある「飽きが来ない」ようなゲームコンテンツがそろっているためお子さまが飽きずに楽しく練習できるゲームとしておすすめです。

 

著者も練習してタッチタイピングが上達したように、お子さまだけでなく大人の方にもおすすめします。タイピングゲームをお探しの方は一度無料の体験版で遊んでみることをおすすめします。

 

 

8.【関連情報】その他の人気タイピングゲーム

 

「タイピングクエスト」と同じように、楽しみながらタイピング練習ができるゲームをお探しの方に人気のタイピングゲームをご紹介いたします。

 

 

8−1.ココアの桃太郎たいぴんぐ

 

ココアの桃太郎たいぴんぐ
  • 価格:基本無料(一部課金あり)
  • 難易度:簡単

ロールプレイングゲームの世界観でタイピングを学べるWebアプリ。ストーリー性あるゲームで遊んでいるうちにホームポジションをしっかり学べるゲーム。

 

▶参考:「ココアの桃太郎たいぴんぐ」はこちら

 

 

8−2.My typing こどもタイピング

 

My typing こどもタイピング
  • 価格:基本無料
  • 難易度:簡単

 ホームポジションを意識したタイピング練習ができるゲームをそろえているサイトです。それぞれタイピングにかかった時間と正誤率で合格と不合格の判定ができる他に、無料で会員登録すると成績表、マイタイピングリスト、タイピング制作なども利用できます。

 

 

▶参考:「My typing こどもタイピング」はこちら

 

 

8−3.Popタイピング

Popタイピング
  • 価格:基本無料
  • 難易度:簡単

1分間でどれだけ多くのポップコーンを召喚できるかがポイント。難しい単語や長い文字はなく瞬間的に見える文字をタイピングするため初心者でも楽しめるゲームです。

 

 

▶参考:「Popタイピング」はこちら

 

 

8−4.FMVキッズ めざせ!タイピングマスター

 

めざせ!タイピングマスター
  • 価格:基本無料(一部有料あり)
  • 難易度:簡単

ホームポジションを中心に練習ができるゲーム。キー配列の上段・中段・下段ごとにタイピング練習できるため、ホームポジション練習やキーの配列を覚えたいと考えている人におすすめのゲームです。

 

 

▶参考:「FMVキッズ めざせ!タイピングマスター」はこちら

 

 

8−5.寿司打

 

寿司打
  • 価格:無料
  • 難易度:普通〜やや難しい

回転寿司のお皿が流れてしまう前に画面の文字を打つタイピングゲーム。無料かつブラウザで遊べる他に表示キーも複数対応しているゲームです。スピードが求められるため、ホームポジションをマスターした後、より速いタイピングができるようになりたい方におすすめのゲームです。

 

▶参考情報:「寿司打」の遊び方など詳しいゲーム紹介については、以下の解説記事をご覧ください。

 

タイピング人気ゲーム「寿司打」プレイ方法やコツ、記録の平均目安などを解説

 

 

9.【関連情報】タイピングに関するお役立ち記事一覧

 

この記事では、「「タイピングクエスト」遊び方や攻略法、実際に体験した感想や口コミをご紹介」について説明してきました。タイピングの上達にはおすすめのゲームだけでなく、正しい指の位置や動かし方など基礎知識の習得はもちろん、おすすめの練習方法などその他にも重要なポイントがあります。

 

そのため、以下ではタイピングに関するお役立ち記事を一覧でご紹介しておきますので、この記事とあわせて確認しておきましょう。

 

 

 

子供向けのタイピング練習方法!おすすめのゲームなどわかりやすく解説

 

タイピングの正しい指の位置は?動かし方やおすすめ練習方法を解説【図解付き】

 

タイピング速度はどのくらい?測定方法や平均目安、スピード上げる練習を解説

 

長文のタイピングの練習方法!おすすめの例文や無料ゲームで上達しよう

 

タイピング速度測定(タイ速)を体験!遊び方や特徴、平均速度・ランキングを紹介

 

e-typing 腕試しレベルチェック!タイピングのスコアや平均レベルをチェック

 

ひよこタイピング!基礎練習に特化した初心者向けのタイピングゲーム

この記事の監修者

沢本舞(さわもとまい)

メディアライター兼「ぱそメモkids」運営者

エンタメ会社で広報を経験し、現在は株式会社セナネットワークスでメディアライター兼広報として勤務。同社では2021年にNintendo Switch初のタイピングゲーム「タイピングクエスト」を開発・発売。プログラミング・システム開発を事業とする企業として、プログラミング教育の更なる普及への貢献の思いでオウンドメディア運営をスタート。

監修者のご紹介: 「信頼されるサイトとしての取り組み」 をご覧下さい。

他の記事を探す

キーワードから探す